2005年08月26日

夏の怪談について。

今日は夏休み特別企画、第3弾です。これがラストです。


今日はスタジオに日本一のタクシードライバー

人を運んで30年と言う長谷川さんにきてもらいました。



アッサ(以下・ア)『こんにちはー』

長谷川(以下・長)『こんにちはー』

ア『さて、長谷川さんは日本一のタクシードライバーなんですよね?』

長『まぁ、暫定ですけど』

ア『暫定?』

長『タクシーってのは過去から未来へと、

 ずっと存在するものですから…(遠い目をしながら)』


ア『はい、別にカッコ好くないですよー。

 ところで、日本一と言うからには何か特別な技をお持ちなのですか?』

長『はい。一度に4人まで運べますから』

ア『え?4人ぐらい僕も運べますけど』

長『いや、素手で』

ア『車使え』

長『あ、車を使って好いなら15人まで運んだことあります』

ア『それはすごいですね。定員オーバーもなんのそのですね。

 でもタクシーに乗りきらないんじゃないですか?』

長『いや、入りますよ』

ア『あ、特別な技があるんですね!さすが日本一!』

長『そのときはバスでしたから』

ア『く、くだらん』


ア『あ、そうですそうです。夏の特別企画ってことで恐い話をお聞きしたいんです。

 タクシードライバーをやっていると、恐いできごともあるんじゃないですか?

 後ろを振り返ると客がいなくなってるとか…ベタですけど(笑)』

長『はは、恐い話ありますよー。この間もおかしな客を乗せましてね。』

ア『どんな?』

長『タクシーに乗り込んできたと思ったら、僕の隣に座るんです

ア『それはおかしいですね。普通は助手席には座りませんからね』

長『いえ、僕が後部座席に座ってたんですけどね』

ア『お前がおかしいよ』


長『そしたら、急に車が動き出すんですよ』

ア『あ、運転席には誰もいないのに!恐くなってきた…』

長『いや、二人組でもう一人の方が運転…』

ア『こら。ナメてんのか?』

長『僕は手足を縛られ、口をグルグル巻きにされちゃって』



ア『それ、誘拐ぢゃん』

長『え?だから恐い話を…』

ア『そっちの恐いかい!もーいーよ!』







ア『今日はありがとうございました』

長『ありがとうございました』








(取材終了後)


ア『お疲れさまー!長谷川さん、この後打ち上げ行きませんか?』

長『あ〜行きたいんですけど、今日は遠慮しておきます』

ア『残念だなぁ。アレ…長谷川さん…足が…』


長『あ、これ?この前誘拐されて帰ってきたら、

足が無くなっちゃって。ははは…』



彼は、その言葉を残し、音も無く、消えた。

posted by アッサ at 00:44| カイロ | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲストの哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月23日

発明王について。

今日は夏の特別企画第2弾です。


今日は自称・日本一の発明家の長谷川さんをスタジオにお招きしました。



アッサ(以下・ア)『こんにちはー』

長谷川(以下・長)『こんにちはー』


ア『長谷川さんは(自称)日本一の発明家なんですよね?』

長『まぁ、そーですね』

ア『なんでも、あのエジソンに発明対決で勝ったとか?』

長『あれは、5ピカーン差でしたね』

ア『ピカーン? 単位ですか?』

長『何かを思いついたら、頭の上で電球が光るでしょ。アレです。』

ア『古っ!マンガ!?』


ア『そのエジソンとの対決の話を詳しく聞きたいんですが…』

長『あれねー。きつかったねー』

ア『そーですか』

長『勝敗の決め手はですね、審判に「紙」「ペン」渡されて、

 「はい、発明して」って言われたときですね。』


ア『あ、急なんですね』

長『エジソンもこれには頭を抱えまして…』

ア『長谷川さんは何を思いついたんですか?』

長『私もね、なんとか頭をひねりまして、そこでできたのが…』

ア『できたのが?』

長『雑誌ですよ』

ア『は?』

長『cancanね』

ア『キャンキャ…?』

長『やっぱり、men’s egg

ア『どっちじゃい!?』

長『…、どっちも』

ア『あ、そーですか。

 そこで初めてcancanmen’s eggができたんですね。


 へー。』



長『あ、でもエジソンのヤローが電球を作ったときはやばかったね』

ア『そーですよ!アレは世紀の大発明ですよ』

長『そこでね、

 電気消すヒモに長いヒモつけて、寝ながら消せるようにするやつあるでしょ?』


ア『ありますね』

長『アレが僕の発明さ』

ア『そーなんですか』

長『アレでエジソンの電球と、トントンね』

ア『あれで!?』


長『むしろ、少し僕がリードするぐらいだったね』


ア『審判をぶん殴ってやりたいですね』




ア『ま、とにかく、長谷川さんは日本一の発明家なんですよね。』

長『まぁね。ただ、

友人の田中君には一度も勝ったことないけどね



ア『ははは、お前帰ってソイツ連れてこいや』





ア『今日はありがとうございました』

長『ありがとうございました』




あーもーホントに無駄な時間…
posted by アッサ at 22:58| カイロ | Comment(3) | TrackBack(0) | ゲストの哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

夏のセミについて。

今日は夏の特別企画です。


アッサ『今日は、スタジオに特別ゲスト、セミ博士の長谷川教授に来てもらってます。』

アッサ(以下・ア)『こんにちはー』

長谷川(以下・長)『こんにちはー』

ア『先生はセミ博士と呼ばれているんですよね?』

長『人はそう呼ぶね…』

ア『…かっこいいっすね』

長『まぁ、今日はなんでも聞いてくださいよ』


ア『最近、セミが夜でも鳴くようになっていませんか?

 昔は夜はけっこう静かだった気がするんですよね。

 夜鳴かないと言うのはエチケットだと思うんですよ』

長『ははぁ…』

(しばし沈黙。)


ア『いや、「ははぁ」じゃなくて』

長『好いところに気付きましたね。たしかにそーです。

 実は最近のセミ界では人間界の後を追っている傾向があるのです。』


ア『と、言いますと?』

長『今、人間界では電気の発明によって、夜に活動をするようになっていますよね。』

ア『ははぁ、その後をセミが追っていると

 だから夜遅くまで鳴いてるわけですね』


長『次にセミ界に来るのはヒキコモリですね。

 地中に潜ったまま出てきませんよ』


ア『セミの意味ないぢゃん』


長『その後はフリーター問題ですよ。

 飛んで、鳴いて、恋人探しばっか』


ア『今でもそーでしょ、それ』


長『次は韓流ブーム。』

ア『韓流?』

長『ペ・セミョンジュンあたりの韓国ゼミが人気でますね』

ア『は?』

長『調子に乗って、写真集とか出しちゃってね』

ア『せ、先生?』


長『セミだけにセミ・ヌードの写真集ね…(ニヤリ)』

ア『あ…』






ア『今日はありがとうございました』

長『ありがとうございました』






ごめんなさい。


間違えて、普通の親父ギャグ好きのオッサンを連れてきてしまったみたいです。
posted by アッサ at 00:04| 福岡 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | ゲストの哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。