2005年11月15日

余裕について。

最近、なんだかちょい忙しいです。


さて、先日、忙しいとは言いつつも3時ぐらいからやっているドラマの再放送を見ていました。

『やまとなでしこ』


なかなか楽しいです。

主人公の女性はお金至上主義であり、

服は自分の命だとハッキリと言えるような素晴らしい女性の様です。


そんなドラマの中、こんなセリフが出てきました。


『人の美しさは余裕から生まれる』


だから、服と言うモノは重要なのだと。

生活に衣は関係あれど、過度なものは必要じゃないですものね。

そこに余裕を持って、楽しめる余裕が美しさを生むのでしょう。



美に対し、恐れを抱きつつも、それを愛してやまない男である僕としては聞き逃せません。

(注・僕はギャラリーフェイクの藤田ではありません)


僕の日常を振り返ってみよう。



あ、基本はスウェットだ。


日本全国どこでもスウェットで行ける自信があります。(←いらない)


ん、待て待て、

スウェットって、あのダボダボ感と言い、ゆるさと言い、

かなりの余裕を持っているじゃないか。


そう僕は気づいたんです。


スウェットは美しいことに。


だから、美しくなりたいならみんなスウェットを穿けば好いんです。








ここまで書いて、

「心に余裕をもつこと」「服が余裕を持つこと」が激しく違うことに気づいてしまった僕。



地球なんて滅んでしまえば好いと思う。
posted by アッサ at 03:19| ドバイ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日々の哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
俺は基本、下駄だ!
しかも、真冬になるギリギリまで短パン。
あぁ、余裕があるよなぁ。
Posted by セイケ at 2005年11月16日 21:46
>セイケさん
相変わらずのお優しさに感謝します。

小学生じゃないですか。
下駄履いた。

真冬ギリギリってあたりに余裕がにじみ出てます。
Posted by あっさ at 2005年11月17日 02:52
“真冬”の基準って、「俺が『そろそろ短パンはキツイなぁ……』って思ったとき」って知ってた?
Posted by セイケ at 2005年11月19日 04:31
>セイケさん
も、もちろん知ってますとも!超一流セイケさんフリークである僕が知らない理由が、ど、どこにありましょうか?

(やっべー知らなかった。メモしとかなきゃ)
Posted by あっさ at 2005年11月23日 08:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。