2005年07月10日

ユニフォーム交換について。

ユニフォーム交換してみたいです。


あなたもサッカーの試合の後にユニフォーム交換をしたいはずなんです。えぇ、決まってます。なぜなら、

『俺はユニフォーム交換したくない。』とおっしゃる男性の方だとか、

『私はユニフォーム交換したくないわ。でも、アッサさんとなら…

なんてほほを赤く染めながら恥ずかしそうに言う婦女子は僕は見たことありませんから。


ただ、ユニフォーム交換するときに邪魔者が入ったらどうしましょうか?

例えば、日本代表と試合した後に中村俊輔と交換したいのにその前に三都主が入ってきたらどうしましょう。

三都主(以下、三)『HEY、ボクガユニフォーム交換シタゲルヨ』

僕 (え〜、俊輔と交換したいのに…うまく断らなきゃ(汗))

僕『いや、僕、ポルトガル語わからないですから…』

三『ハハハ、何言ッテンノ〜?ボク、日本語話シテルジャナイカ』

僕『え〜と、あと、汗、僕すごい汗かいちゃってるから…』

三『ハハハ、僕モソウダヨ。ビチャビチャダヨ』

僕(なおさらイヤだな。断らなきゃ)

僕『でも、こんな公衆の面前で僕、脱げないよ…』

三『ハハハ、恥ズカシイノハ最初ダケサ』

僕(え、もうコイツなんなの?気づけよ!俺はお前と交換したくないんだよ!!そしてな〜、『ハハハ』うるせぇ!)

三『ホラホラ、早ク脱イデ脱イデ!』

(無理やり僕のユニフォームを剥ぎ取ろうとする三都主)


(必死に抵抗する僕)



僕『マ、ママが外国人とは話しちゃいけないって…







身もフタもねぇ。

ちょっと言い過ぎたかな…

ってゆう妄想。
posted by アッサ at 00:12| フランクフルト ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。